初めてのFX

お問い合わせ

「初めてのFX」は、FX(外国為替証拠金取引)について、初心者に分かりやすいように、始め方、メリット・デメリットをまとめたサイトです。

FX(外国為替証拠金取引)とは

FXは、Foreign Exchangeの略で、外国為替証拠金取引のことを言い、以下の利益の上げ方があります。

詳しく見ていきましょう。

円高の時に各国の通貨を買い、円安の時に売ることで利益を上げる

1ドル100円の時に100ドル買ったとしましょう。10000円かかりますね。 次の日1ドル120円になったとしましょう。保有している100ドルを売ると12000円になり、2000円儲かります。 これが利益となります。

FXは、売りから入ることも出来る

先ほどの例だと、先に円を買わなければならないように思えます。このことを「買いから入る」といいます。 しかし実際のFXは、「売り」から入ることも可能です。 つまり、これから円高になると予想する方でも、その予想が当たれば利益を出せるということです。

通貨金利の差額で儲ける

日本の円は世界でも最低の金利です。ものすごく金利が安く、0.1%とか0.2%です。日銀が銀行に貸し出す場合の金利はとうとうマイナスになりました。 でも世界各国には、高い金利を持つ通貨があります。南アフリカランドの金利は7.0%です。 南アフリカランドを購入することで、差額の金利(6.8%)を受け取れます。 これをスワップポイントと言います。 レバレッジをかけず、外国の通貨を保有し続けることで、実質的に外貨預金を行っていることになります。 しかも、大手銀行で販売している外貨預金とは異なり、手数料は安く、しかも出し入れのタイミングは自由です。

FXと株式投資の違いは?

FXと株式投資で、よく言われる違いは以下の2点です。

FXには高いレバレッジがある

そもそも、レバレッジとは何でしょうか。 元々は「てこ」の意味で、少ないお金で、大きなお金を動かすことが出来ます。 先ほどの例ですと、1ドルが100円の時に10000円を投資し、1ドルが120円の時に100ドル売りました。2000円の儲けですね。 この取引にレバレッジ25倍をかけていたとしたら、2000円の25倍、すなわち50,000円の儲けになります。

でも逆になったら?

もちろん、逆になったら50000円の損となります。このために、ほぼすべてのFX会社では「ロスカット」というシステムを導入しています。 ロスカットとは、残金が一定額になると、自動的に決済を行い、それ以上のロス(損失)を防ぎます。

FXは24時間取引できる

株式取引は平日の午前9時~午後3時、しかも間に1時間のお休みがあります。 FXは土日を除いて24時間取引可能です。(土曜日は朝6時ぐらいまで開いています。)FX人気を支える理由の1つです。

おわりに

以上が、FXの基本的なシステムです。意外と簡単ですよね。 興味がわきましたらFXの始め方をご覧いただけると幸いです。

おすすめ

はじめてのシリーズ

株関連サイト

口コミサイト

ページのトップに戻る